06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

♪アンサンブルご案内♪


次回開催日は未定です。

また決まりましたらお知らせしますので、よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盗難に遭った楽器を探しています

お久しぶりの更新で、突然なのですが。

ヴァイオリン友達の元の先生の楽器が盗難にあったそうです。
少しでも多くの人に見てもらえるように、ということで転載します。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2012年8月26日(日)21:30~23:00、大阪市中央区のコインパーキング「タイムズ内本町第3」駐車場にて車上荒らしに遭い、楽器をケースごと盗まれる。被害総額約500万円。

①楽器:バイオリン(1883年 フランス製)名称:Paul Blanchard(ポール ブロンシヤー)
オレンジ系茶色。テールピース・あご当て・ペグは黒色。
表板の右上が少し色あせている。駒のE線に象牙加工あり。
f字孔から中を覗くとラベルが見える。 ポールブランチャードとも呼ばれる。

②楽器:バイオリン弓(フランス製) 名称:J.B.Husson(ウッソン/ユツソン/フツソン)
樟部分は茶色。棹の真ん中部分が少し黒ずんでいる。毛は白色。
弓の持つ部分に「J.B.HUSSON A PARIS」と刻印がある。

③楽器:ビオラ(2003年) 名称:Eastman(イーストマン)型番va-305
濃い赤、赤黒い茶色。テールピース・あご当て・ペグは茶色。
テールピース・あご当ての肌があたる部分は少し黒くなっている。f字孔から中を覗くとラベルが見える。
弓はAry France(アーリーフランス)で「ARY FRANCE」と刻印がある。

④バイオリン・ビオラ コンビネーションケース メーカー:BAM(バム)フランス製
型番:2006S 重量:約4.0kg サイズ:約79×40.5×19cm 黒色 リュック・肩ストラップ仕様
バイオリンとビオラが1本ずつ収納できる。持っている人は少なく珍しい。

連絡先:大阪府東警察署 刑事課 司法係 電話06-6268-1234(内線334)
盗難届受理番号401515番の"車上荒らしの件"とお伝え下さい。

tounan.jpg

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

楽器・・・お値段の問題ではないですよね。
私ごときのヘッポコでも、自分の楽器と教室レンタルの楽器では弾き心地が違うのが分かるし。
(そして、うちの子(?)のほうがイイ!って思う)
それが、職業とするほど弾き込まれてる方が、長く苦楽を共にされた楽器を失うというのは、本当にお辛いことでしょう。
無事に・無事な状態で(ひどい扱いを受けないで)戻ることをお祈りします。
スポンサーサイト

11月17日~1月4日(木曜~火曜)の練習♪

そしてまた7週分。
いっそ、今週分までいっしょで・・・と思ったりもしたけど、出来そうなときにアップしとかないと、ってことで7週分。
もう、練習してないのが丸わかり(^^;)
あああ、発表会の練習、しないとマズイのに~!!

12月の最初のほうは、なんかコンサート関係が多かった。
アンサンブル仲間の方からのお誘いで会社帰りに行ったのと、土曜に当日券で飛び込み!したのと。
土曜のは、“キエフ国立フィルハーモニー交響楽団”メンデルスゾーン&チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲+新世界という、ものすごい受けそうな(?)プログラムで。出勤の日だったんだけど、休めそうだったんで行っちゃいました。
当日券、関係者用で空けといたのを当日に回した?って感じのど真ん中の席がポッツリと空いててビックリだったけど良かった♪
内容については・・・メンコンはオケとちょっと息が合ってない感じ、チャイコンはソロが個性的すぎってのがちょっと(^◇^;)
あの弾き方は、ハッキリキッパリ嫌い。ものすごいご高齢だから音が出てないのかとも思ったけど、それよりもなんか響きも無いブツブツガツガツな音が嫌いだった。
ここまで「嫌い!」って言い切れる演奏って、ある意味個性的って言えるのかもしれないんだけども。でも嫌い(笑)
新世界は聴いてて気持ちよかったです♪ソロに気を遣わない分、思いっきり弾けてるのかな?(って偉そうに何様・・・)
あとは、午前に検査でお休みしたので午後から“音楽アラカルト”って、ミニコンサートっぽいのがヴァイオリンだったので(これも当日フラっと)行ったんだけども。
うん、このヴァイオリンは素敵でした♪ここ3回で一番好き♪
更に土曜には“サンクトペテルブルグ室内合奏団”のクリスマスコンサート。
『カノン』『G線上のアリア』『愛の挨拶』『冬』『アイネク』『主よ・・・』『カヴァレリア』と、ほんとにヴァイオリン名曲!ってラインナップに、カッチーニ/シューベルト/グノー・バッハのアヴェマリアをソリストが歌われるという素敵コンサート♪

そして年末は、姉一家がやってきた!ので、楽しいけど忙しい年末。
更に弟がフラッと帰ってきたので、なんとな~く寝てるのに楽器も弾けず(笑)
まあいいっか、ってことでほとんど弾かないままお休みが終わったのでした。

うん?ほとんどコンサート感想になってるわね。
とりあえず、メイン(?)の練習記録は長くなるので折りたたみ!

続きを読む

7月21日~9月20日(木曜~火曜)の練習♪

更にまとめて練習日記のみ・・・。
え?9週分!?2ヶ月ちょい!?そんなため込んでたんか(--;)
夏がまるまる過ぎて、もう秋じゃないの。
とりあえず、それなりに元気にボケボケしてますってことで。

相変わらず、基礎練習はほとんどしてないダメダメな状態。
レッスンの曲を練習してたらまだ偉いほうで、大抵は適当な曲を遊び弾きして終わりな感じ。
・・・基礎がダメダメなのに、ドッペルとか弾いてみてる場合じゃないっ!
(それも、弾けるようにきっちりやってたら練習になるんだけども。遊んでチャラチャラやってるだけでは、どうしようもない・・・)
ほとんど、練習時間のみのチェック。
記録の合間のコメントは、メモってた分をそのまま。
あんまり長いんで、全部折りたたんじゃいます。

続きを読む

アンサンブル組・補修(?)練習会♪

そんなこんなで、アンサンブル組で集まった日曜日の朝。
先生も来て下さって・・・ありがとうございます♪

『カヴァレリア・ルスティカーナ序曲』
・・・・・・・・・・・・・・な、なんかヒドくない??
もうちょっとマシに弾けてた気がするんだけど(^◇^;)
バラバラというのか、合わないというのか。
何回か合わせてると、随分マシになってきたけども。
先生の指揮、よく見る!
揺らすとこ、1拍を2つ振ったりするとこもあるので注意!
チェロ・2ndのピチカートは、指示通りに!
その次のフレーズ、ちょっと待つ。
2ndのメロディは、もうちょい出す。
1st、バックでアルペジオ弾いてるの、メロディに入る直前はもっとクレッシェンドで盛り上がる!
クレッシェンド・デクレッシェンドはもっと大げさに。
最後のほうも、指揮に合わせる!
揺らすの、メロディパートはまだやりやすいのよね、乗れるから。
刻んでるチェロなんかは、ほんと大変です・・・。

『トランペット・ヴォランタリー』
この曲は先生も弾かれるから、指揮は無し。
コンマス氏の指示に合わせて入る!
前奏部分・・・このテンポ、微妙に遅いっぽいのよね。
そして、前奏の最後のフェルマータ → 次の入りが、どうも上手くいかない。
うううう、どうも、続けて弾くと、テンポがトロトロ(^◇^;)
遅くて、余計に弾きにくいの~!!
もっとテンポアップしてほしいの~!!!
これ、ちょっと問題だわ。
後半、pになるとこの頭の音は、サクッと入る。
(モソモソすると、間違ってるように聞こえる)

そして、先生はタイムアップ。
次のご予定があるのに、お付き合いありがとうございました~♪

で、ここでチェロの方から、パート練習したいとのお申し出が。
パート練習!!!なんて懐かしい響きヽ(^o^)丿
やろうやろう、ってことで、各パートで分かれて練習。
1st組も、カヴァレリアから合わせてみる。
2ndがメロディの部分、入りにくいからってコンマス氏がコッソリメロディ弾いて下さる。弾きやすい!
そして、トランペットは・・・やっぱり、テンポ早いめのほうが弾きやすいよね!これくらい?ってやってみた。
転ぶかもしれんけど(^◇^;)でも、勢いで突っ切る感じが良いんだけど♪

そんじゃ、もっかい合わせてみよう!ってみんなで合わせる。
カヴァレリア、指揮者無しでやってみるの、お互い探り合い(?)で人の音を聴く分、良かったかも。
・・・ずれることがあったから、無しだと危険だけど(^◇^;)
で、やっぱり2ndメロディ部分、1stからヘルプに入る?って話に。
人数、1stのが多いんだし、いいよね!って先生に相談もせずに勝手に決めてしまう。
(ま、まあ、当日にでも確認してみよう)
トランペット、やっぱり合わせるとトロトロ~、になっちゃう(T^T)
このへんの入りだけ、もうちょっと練習したいとこだけど。
もうそんな時間、無いのよね、、、ううう、これ当日、微妙だわ(^◇^;)

「やっぱり、当日にいきなり本番って危険よね~」
「チューニング時間しか無いの、ちょっと辛いよね~」
「当日に音出し、したいよね~!」
ってことで、どっか場所を探すことになった。
あのへん、近所にカラオケ無いのよねえ。
シダッ○スは、バス移動になっちゃうよねえ。
「バス乗ると、ものすごい迷惑になるから」
チェロの方、以前に混んでるバスに乗ったらしく(^◇^;)
うーん。近所にスタジオあったっけ、確か。
駅の掲示板みたいなとこに載ってたよ!ってことで、帰りにチェック。
・・・お電話してみたけど、いっぱいだった。
「その日、演奏会か何かあるんですか??」
お店の方が言われた。みんな、考えることいっしょなんね!
ううん、どうしよー、と、使えそうな施設を考えてたら。
夜にKさんから「今日のとこ、当日朝なら空いてたよ」ってメールが!
うはう、盲点だったよ!!
朝ってところが微妙だけど、まあいいや集合は遅めでも!それまで音出ししたい人だけ来るとかでいいや!!ってことで、取ることにした。
よっしゃあ、当日練習出来るヽ(^o^)丿
・・・朝、早くからお出かけ、になっちゃったけど、、、
そんなこんなのバタバタも、もうすぐ本番だ~!マズいよこれ~!みたいな緊張感も、なんかすっごい楽しい♪

続きを読む

教室アンサンブル20回目♪

発表会前最後の練習日。
先生が“発表会参加者無料教室レンタル”で、11時半~12時半を予約して下さってたのでした。
(通常のレッスンが13時~14時半なので、合間の30分でゴハン!)
着いたらちょうど先生とお会いして・・・
「あ!これ配っといて下さい、トランペットの前奏です!」
・・・はい?確かに、前回に前奏付けるような話はされてたけど、それってピアノ伴奏でも付けるのかと勝手に思ってたです。
(ピアノ入るんかな~、って勝手に思ってた)
ええと、1ページまるまるあるんですが、、、
お部屋に行って配ったら、皆さま、
「ああ、やっぱり!」
みたいな反応だった。
この直前になって追加して、初見で練習して次は本番って、先生行き当たりばったりすぎな気はするんだけども。
どうも、もう慣れっこというのか、またか~!な気分。
トランペット、3ページになっちゃうよね、置きにくいね。
「詰めたら2ページになりそうだし、書いてきますわ~」
職人Gさんが、また書き換えて下さるそうだ。
(Gさん、職人ってか、忘年会の時にステージマネージャーって話になったんだけども)

そして、先生が来られて練習開始!
本番の時の並びにしましょう、ってことで、場所移動。
私、2列目の外側。コンマス席の後ろらしい。
Tさんが2ndトップってことで、移動されて・・・
「あ。旦那さんと離れるの、寂しいです?」
先生、そのツッコミ(^◇^;)

『トランペット・ヴォランタリー』
「前奏、書いてきましたんで、やってみましょう!」
先生、この直前になって増やすのですね(^◇^;)
「え?だって、時間短い目だったでしょ?」
・・・いや、2曲やったらちょうど良い感じかと思うのだけども。
「短いより長い方がいいでしょう?私、オーディションでも、1回目の終了のベルは聞こえないふりして弾いてましたもん」
・・・せ、せんせい、、、さすがです。

その追加部分・・・うん、まあ弾けんことないよね。
なんてチェックしてたら、お隣からYさんがコッソリ、
「2段目のこの部分、と~れと~れ・ぴ~ちぴ~ち、っぽいね」
カニ○楽!!言われると、そのイメージになっちゃうんじゃないですか!!
合わせて弾いても、うわあ、とれとれ!!と思ってたら、
「あ、ここ♯が落ちてました」
お。カ○道楽から離れた♪

付点8分の後の16分は重くならない。
ソ#のトリルは、弓遅く・圧かける。
それから、トリルの上の音は高めに取るとキレイ♪だそうで。
6段目、スラーの付いた付点8分・16分は、途中で弓を止める。
全体に、歯切れ良い感じで。
最後のフェルマータで待ってから、これまでのトランペットへ。
ここでテンポアップするのだけども・・・ちょい、テンポが取りにくい。
超・ゆったりver.になってしまったりして、、、
4分で動くチェロにかかってます!
先生がフェルマータのとこのラストに4分を弾いたほうがいい?なんて話も出てたんだけども。
(この曲は、先生がヴィオラで参加される♪)
うーんどうだろう。とりあえず、無しで入りだけチェック。
で、やってみたら、今度は結構なアップテンポ気味で突っ切ってた。
このへん、本番にうまく合うか、怖いなあ(^◇^;)

『カヴァレリア・ルスティカーナ序曲』
これは、まあ良い感じ、かな?
かなり揺らすってことで、先生の指揮をよ~~~く見る!
Bの入り、2ndがメロディに入るとこは、一旦待ってから。
・・・チェロ&2ndの下パートが、その前の音がpizzだから、あんまりサクッといくとバタバタするのですね。
このへん、溜める!ってことで。
1st、2回目のドーシラミのミは、長めで次の音の入りを待つ。
29小節目、ラーソのラは丁寧に、ふくらまないように。
32小節目、かけ上がりはクレッシェンド、16分はゆっくりめに。
5ポジのファはfで!
最後のほうも、溜める!!
8分は1個ずつ振られる。下ろしたところで音が出るように!

次回は発表会が終わってからになるから!ってことで、新楽譜。
おおおお♪今度は『だったん人の踊り』なのですねヽ(^o^)丿
相変わらずというのか、ツボついてきますね~♪
これと、前にもらったバッハをするってことで。

続きを読む

プロフィール

KOTOKA

Author:KOTOKA

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。