05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

♪アンサンブルご案内♪


次回開催日は未定です。

また決まりましたらお知らせしますので、よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またまたお久しぶり♪

果てしなくお久しぶり(1年ぶり・・・)
ええと、とりあえず元気にしてます。

レッスンメイトさんの交代(!)など、色々と変化はありつつ、個人的には相変わらずグループレッスンとアンサンブルレッスンは続けてます♪

そんでもって、ボケボケしてる間に、もうすぐ発表会。
(あと10日・・・!?)
今回はグループレッスン組と、アンサンブル組と、2つ出ます。

結構、(私にしては)がんばって練習した・・・つもり?

グループのほうは、
『ホーン・パイプ』ヘンデル
『小フーガ』バッハ

アンサンブルのほうは、
『ディベルティメントK.137』モーツァルト

アンサンブルのほう、かなりマズイ。弾けてない!
モーツァルト、弾くの嫌い~!って思ってしまうから、余計に弾けないのよね。
音の並びがね、どうも弾きにくいというか、弾いててしんどい。
で、上手い人がいっしょだから~って、ついつい弾かない・・・。
ものすごく、ダメな人だ、、、

グループのほうは、人数が少ない。
1st(2) 2nd(1) ビオラ(1) チェロ(1)
弦楽四重奏・1stだけ2人ね!バージョン。
・・・そう、つまり2ndは1人。ソロだよ、ソロ!
そして、ビオラは先生だったりするから、余計に2ndピンチ!!
(チェロは、お上手な方に来ていただいたから・・・)

こないだのレッスンで録音した時に、先生がお隣で弾かれた。
さすがに音、おっきいなあ♪~と思ってたら。
「まだ私の音、大きいかな?今ので7割ぐらい」
って先生に言われた!!・・・結構ダメージあった。
そりゃあ、先生と同じってのは、無理よ。
そんでも「5割ぐらいで、ちょうどね!」は、ちょい悔しい、、、
(・・・が、今更どうにかしようとしても、音が乱れる・・・)
が、録音聞いたら、確かに7割バージョンは先生おっきいし。

そんな訳で、今回録音分を加工したら、アップする予定。
(まだ出来てない)
・・・前回分(12月分)は、こっそりアップしてるので、一応リンク。
http://flvnvc.seesaa.net/article/383296125.html
色々と突っ込みどころ満載なんだけど!!
スポンサーサイト

最近のこと~もうすぐ発表会~♪

すっかり書けなくなってますが、元気にまったりヴァイオリン弾いてます。
相変わらずきっちりと練習しないから、へっぽこな腕前のままだけど。
まあ、楽しく遊ばせていただいてます!ってことでいいっか♪
(いや、だから上手くならないんだよ・・・ってループが)

そんなところで、27日(日)は発表会です♪
曲は、色々と変遷はあったけども、結局『アリア』『闘牛士たち』に。
『アリア』・・・G線上じゃないアリア。
編成は1st5・2nd6・ヴィオラ2・チェロ3。
コンマス氏がヴィオラ転向!されたんで、先生と2人ヴィオラ。
・・・音デカイ2人がヴィオラ・・・負けんように、がんばらんと!!
キレイに弾ければ、キレイな曲ってのは、へっぽこには危険なんだけども。
美しい演奏を目指してがんばります♪

『闘牛士たち』トレアドール、カルメンです。
編成は1st5・2nd7・ヴィオラ1・チェロ3。
ヴィオラパート無しってことで、コンマス氏が1stに、Gさんが2ndに、先生も1stに入って下さるんかな~ってところだったのだけども。
先生、突然ヴィオラパート作られて、私ヴィオラね~って!
どんだけ突然かって、1月のレッスンの時には間に合ってなくて、自主練習会に来て下さった時に弾かれて「後は本番ね!」ってくらい突然。
自主練習会に来られなかった4名は、当然ながら本番ぶっつけ。
まあ、こんなこともあるよね、、、って思ってしまうところが、先生の行動パターンに慣れてるよね・・・。

この曲は、テンポ遅いと、ものっすごいおマヌケになる。
ギリギリ許せるかな~、くらいのテンポでも結構ガチャガチャする。
・・・が、がんばらんと!!
ということで、レッスン外に練習会開いたりもしつつ、がんばった。

問題は、その日の一発目が結構バラバラ~なこと。
弾いてるうちにマシになるんだけど、本番は一発勝負だからねえ。
うちの発表会はリハ無し・・・どころか、本番前の音出しすら、まともに出来る場所が無いのです。
かろうじて、チューニング部屋でチューニングしてもらって、ちょろっと音出す程度。
合わせたりなんかするのはNG(去年やったら、やめて~って言われた)。
ふざけんなよ!せめて教室開放してよ!って話はしてるんだけどね・・・。
で、多少はマシになるように!!って、毎年ご近所の施設を取って朝に練習会するのでした。

そんなところだけど、とりあえず今年も生徒トリってことで、がんばります♪
(単に人数が多いから、間に挟むとセッティングが大変って話もあるんだけど!)

教室アンサンブル32回目♪

発表会前の最後の公式(?)レッスン!
あとは次週に練習会やって、その次が本番。
アイネク始めたときには果てしなく先だと思ってたのに!!

コンマス氏が予告欠席で、1st5名・2nd6名・チェロ3名、だったかな?
梨本さんが久々の参加♪
始まる前に、みんな音出ししたり練習したり、なかなか気合いが入ってます!・・・が、レッスン時間になっても先生が来られない。
受付に聞きに行って下さったところ、なんか行方不明!?
朝はいらっしゃったそうなのに、どうした?って、受付でも探索中。
まあ、そのうちいらっしゃるでしょう!始めときましょっか!ってことになって、『展覧会の絵』を弾きだしたら、最初のチェロのソロのとこで駆け込んでこられた。
まだ最初だし止める?って思ったけど、とりあえず続きで弾いたら、みんな弾いてた(笑)
思いっきり先生を無視してる!?・・・いや、単に始めたことを途中で止めようって人が(先生を含めて)居なかっただけか。
そんなこんなで一通り通して。
先生、どうされたのかってのは・・・コピーしにコンビニ行ったら、思ったより時間が経ってた~、って話らしい(^◇^;)うーん、らしすぎる。
(そんじゃ、レッスン10分延長して下さいね~ってことで解決?)

気を取り直して、レッスン。
『展覧会の絵』は、どうもチェロさんが合わなくなる率が高くて危険。
チェロだけ違う動きになってるから、落ちたら戻れない(^◇^;)
2ndソロの後の入りは1stと同じなんだけど、1拍早かったり。
(ここは、コンマス見て同じとこから入る!ってことで)
その後も聴いてると「あああああ、ずれてる(T_T)」ってことが。
聴いてると分かるんだけど、弾いてると分からなくなるんでしょうね。
ううん、本番近いのに危ないなあ、、、上手く行くときは、気持ちよく合ってるんだけど、ね(^◇^;)

その後も先生のヴィオラを入れて通したりした。
最初のチェロのソロのとこ、ヴィオラも入るのですね。
なんか、一気に音の厚みが増したというのか・・・さすがです♪
「もうちょっとテンポ上げていいです?」
そうですね、今はちょっと遅めですよね。
ってことで、ちょいテンポアップ。うん、こっちのが弾きやすいですね!
この曲は、思いっきり弓を使って弾きましょうってことで!

『アイネク』
これも先生ヴィオラを入れて通してみて。
うん、結構それっぽくは弾けてる気がしますよね!
まだ時々、各パートがバラバラしてるところがあるので、そのあたりを合わせたり。
最初はこのテンポで入ったとしても、下パートの刻みが入るところから、
「煽っていいですか?」
・・・せ、先生・・・どうも、煽られるらしい。がんばろう!

どうも途中の入りを揃えるのに待つと、そのままテンポが落ちてる気がする。
むー!!だからって、1人で突っ走る人が居ても困るし、ねえ。
結局は、成り行き任せ。どっかでテンポが落ちたら、どっかで上げる?
(先生が煽って下さる、か!)

そして最後にもっかい、2曲とも繰り返しも込みで通す。
先生がストップウォッチで計られてたけど・・・どうでした?
「いや、まあ」
・・・誤魔化された(笑)
ま、まあ、こんだけ人数多いんだし、多少は大目に見てもらいましょう!

続きを読む

教室アンサンブル23~31回目♪

とりあえずは、アンサンブルの2011年の残り分レッスン日記をまとめて。
・・・4月分から書いてなかったのね・・・。
回によって、メモの多いのと少ないのとあったりするし。
今さら何?って、書き直した方が良さそうなのもあるし。
(逆に一部修正しちゃって余計分からんよなのもあるし)
・・・もう、訳が分からんので、そのまんまざっくりと(^◇^;)
やっぱり長いんで、折りたたみ。

続きを読む

ヴァイオリン教室 175回目♪

いつものごとく、スケールから。
伸ばしと4分8分8分などなど。

『トゥーランドット』
最初から弾いてみる。
ファとレの重音は、ちょっと音程が不安定になってしまう。
(ツッコミは入らないんだけど・・・というか、div.でいいよな感じ?)
最初、ppになってるけど弱くなりすぎない。
やっぱり、動く音がイマイチはっきりしてないのでもうちょっと出す。
盛り上がる部分、Dの途中からはもっとしっかりと弾く。
前も言われてたけど、ここオクターブ上を弾く方が居る(ハズ)ってことで、
「下がハッキリ弾いた方が、きれいに聞こえますんで!」
下から2段目・最後の小節の16分をちょっと練習。
これはクレッシェンドで。
一番下の段、もっともっともっとしっかりと大きく!!!
・・・ううん、4の指でミって、ちょっと自信無くてイマイチ弾ききれないのですよう。
BとDのメロディ部分の指は、結局3ポジから弾く方で統一。
そのほうが同じ弦で弾くから音色も変わらなくてきれいだし、と。
フェルマータとかrit.とか、テンポが変わることが多いのでちゃんと指揮見て合わせるように!

『ひまわり』
最初の2分のとこはパスで、Aから。
軽めに音を出す。まだまだ重い感じ・・・。
B手前からのメロディは、もっと出す。
16分、最初のは弓の先で、次のは元でなるけど、どっちもきっちりとその位置まで弓を持ってくるように。
(ダラダラチマチマと適当な位置で弾いてたらダメってことね)
そして、よーわからんソロの部分。
1st→チェロとソロがあって、その次に2ndソロになるらしい。
まずは1小節ごととか、16分4つだけとか、切りながら弾く。
ううううう、分かりにくい!!
かけ上がりの音階は、クレッシェンド。
裏拍の頭に来る音は、もう少し突く。
16分・8分・16分の真ん中の8分スタッカートの部分なんかは、もっと歯切れ良く。
16分でレミファソラシミ・・・ってかけ上がるとこ、ゆっくり切りながら練習。
ダメだったら逃げ道な付点2分・8分8分でもいいんだけど、とりあえずは挑戦ってことで。
(簡単バージョンは、別に練習しなくても弾けるようなもんだし)
うん、そんなにスピード上げなきゃ、それなりにいけるかな?
最終、覚えてしまえば弾けるかな~な感じ。
・・・本番、想定以上に速かったり走ったりしなきゃ、ね!
Eからのメロディ、頭の音はハッキリと。
付点8分、もっと軽く。
D.S.で戻って、Bのメロディ部分、そっからコーダに入るまで通して。
ソロのとこはともかく、その他は音は辿れるのよね。
でも、なんかそれっぽい雰囲気で弾くのが難しいのよね・・・。

そんなところでレッスン終了。
次週はレッスン無し。

プロフィール

KOTOKA

Author:KOTOKA

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。