05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

♪アンサンブルご案内♪


次回開催日は未定です。

また決まりましたらお知らせしますので、よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛替えに出してきた♪

そんな訳で、行ってきました、弓の毛替え!

弓の貸し出しはしてないってことだったんで、
「安い予備を買います~」
ってことで伝えて、突撃!
お店には、おばあさま・おばさま・学生さん(?)3世代っぽい女性3人。
「すいません、お待たせして~」
なんて、とっても良い方たち。
しばらく弾いてなかった楽器を調整に出されてたのを取りに来られたらしい。
もう30年ぐらいかしらね~、などと、おばあさま。
本当に楽しそうで嬉しそうで、こっちも幸せな気分になりました♪
で、店主さまがチューニングされてたら、バッチンって音が。
・・・E線切れてました(笑)
予備のに取り替えられてたのを見ながら、
「あ、オブリガートですね♪私も今それです」
なんて、お話ししたりしてました。
(どうでした?って聞かれて、私の実力が無いからよく分からなかった、と正直に答えました。。。)

その後、松ヤニの話になって、
「松ヤニって、使っても使っても無くならないですよねえ・・・」
などと言ってたら、おばあさま、
「昔、5mmくらいになるまできれいに・均等に使って周りに驚かれてたのが自慢なんです(*^_^*)」
って。元がどのくらいのかは不明だけど、5mmは凄い!
(そんなに使うこと、有るんだ!!よっぽど弾いておられたのね~)
「これ以上使ったら、割れそうなくらい」
なのだそうです。そんなふうにお話しをしてたら、
「ガットって使われます?いっぱいあるんだけど」
などと言われて、
「そ、そんな、とんでもないです、まだ2年のぺーぺーなので!」
って言ってたけど、興味があるって言ったら頂けたのかしら(笑)
お孫さん(?)が「帰ったら1回弾かせてね」などと、
ほんとに嬉しそうにお帰りになりました♪

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

で、私の番(ここまでで既に長い!)。
まずは楽器を出して、チェックをお願いしました。
さっそく、駒が傾いてる、との指摘が、、、
触るの怖いかもしれないけど、直さないと倒すと怖いよ、と。
「・・・怖いらしいですね」
ってフルフルさんを思い出してお話ししてました(笑)
「あれは、体験しないと分からない怖さがあるよ~」
と、、、体験したくないです嶺
(30回ぐらいは倒してるかな~なんて店主さまも凄い)
本体を体にくっつけて、両側の出っ張った部分に小指をかけて、
駒を両側からつまんで・・・などと要領を教えてもらい。
「後ろ側のラインが垂直になるように」
・・・今後、もうちょっと気をつけます怜

で、弓を預けて注文書(?)書いてて・・・。
ランクは、どうしよう?6400円と7300円だったかな?
良いのと、900円しか差が無いのです。
実力が伴わないのに良いのにしてもね~。
でも、もともと弓が楽器からすると良いのにしてるし。
・・・いいや、良い方にしちゃえ♪
ってことで、上のほうにしちゃいました。
一応、予定は6月末くらいということで。
かなり落ち着いてきてるらしいけど、時期的に学生さんの購入とか調整とかが多かったのだそうです(大学が近いのですね)。
「今、どれくらい仕事があるのか、把握し切れてないんですよね」
なんて笑っておられました。
毛替えは出来たらメールを頂ける、ということで。

そんでもって、預けてる間の予備の弓。
ほんとに予備なのか、メインのと使い分けするのか。
「メインのがそこそこ良いのなんで、ほんとに予備にします」
ってことで、予算は3万くらいまで。そこで、
「そういうえば、ちょっと面白いのが入ってるよ」
ってことで出してこられたのが、1万5千円って中国製の弓。
最近、弓を買い換えられた方から下取りされたのだそう。
それと、2万~3万円台のまでを10本くらい出してこられて。
今回は、自分でしつこく選ぶんじゃなくて、お任せしちゃいました。
私の楽器で、順番にちょこちょこっと弾かれて。
(いい音するんよね、これがまた・・・)
「やっぱり、良いのは3万5千円くらいの2本だねえ」
と。2万円台の弓よりは、下取り中国製のが良い、と。
「ただ、中国製ってのが気になるかも」
見た感じだとそんなに悪くないけど、見えないところがどうだろう?
作りが荒い可能性がある、というところで。
「多分、元は3~4万ってところじゃないかなあ?下取りって言われて、それなら1万かなあと・・・あ、」
下取り価格、バラしてしまわれました(笑)
(焦る店主さまに、いやでもそんなもんでしょう、なんて)
まあ予備だしそれで十分かなあ、ということで、それにしました。

あと、予備の弦も。今度はどうしようかな。
「オブリガート、あんまり差がわからなかったし」
もったいないよねえ、それで高いの。
「よく聞くのはインフェルド赤、最近ラーセンってのも聞いたような」
(どこで聞いたのかよく覚えてない。松ヤニだったっけ?)
「ラーセン、楽器によって徹底的に合わない場合がある」
賭けに出るのはパス。
そんな訳で、予備はインフェルド赤セット購入!
(ちなみに、インフェルドは青よりも圧倒的に赤のが出てるらしい)
・・・これもE線、金色だしね(笑)
そろそろ半年だから替えたほうが良い??って思いつつ、
「差が分かんないから、このまま使っちゃえ~!」
あくまでも適当!なのでした。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

お家に帰って、ふと思った。
弓、引き取りに行ったら、どうやって持って帰る?
普段は、楽器ケースに入れて持ち歩いてるよね。
いちお、ケースに弓は2本入るようにはなってる。
でも、弓を取りに行くのに楽器ごと持って行かないよね??
会社帰りに引き取りに行こうかとも思ってるんだけど。
・・・弓ケース??
うーん、取りに行くまでに考えておかないと。

長々と語ってしまったけど、そんな訳でうちに来た予備のがこれ。

rin.jpg

楽器にも弓にも名前つけてないんだけど、なんとなくこれは
「中国の子だし、臨時だからリンちゃん!」
って気分なのでした♪


スポンサーサイト

弓のこと♪

毛替えをしたいと思ってるのです。
もともと、去年も今頃に思って、楽器を買ったお店に相談したら
「よっぽど弾いてるんじゃなきゃ、あと1年くらいいいんじゃ?」
みたいに言われて、そんなもんか~と使い続けてて。
某マイスターのとこに、毛替えは梅雨時がオススメって書いてあったし、
7月にクッキング♪が有るから、その時には良い状態にしておきたいよね~!
ってことで、去年も今頃に毛替えを考えてたのですね。
で、今年こそは!って思って問い合わせたら、
「混み合ってるので2~3週間預かることになる」
ってお答えで。
うーん、、、弓は1本しか持ってないし。
そんだけかかるなら、貸してもらえるかなあ??
(ここのところは、まだよく分からない)

いちお、他のところで聞いてみたら2~3日、ってことだったけど、
そっちは弓の貸し出し、してないってことだった。

どうしようっかなあ。
フルフルさんが最近毛替えをされて、そこのコメントで
>いっそ、お安いのでも、サブの弓を買っちゃうとか?
ってそそのかされて。
元のお店、弓を貸してもらえなくても、その場で買えばいいのか!
ちょっとそれもいいかも~なんて誘惑されてます裂
あと、予約だけ入れておいて実際持って行くのは2週間後、とか?
そんなの無しかなあ(^_^;
とにかく、開店時間になったら(1時なのです)電話してみようっと鍊

弓のこと♪

最近、フルフルさん・ひっきーさんとこで弓の話が出てて。
「そういやあ、レンタルの楽器を返す前に買ってきたのと比較写真撮ってたっけ」
ってことで、ひっぱりだしてきました。
・・・もう1年以上前ですね、、、どんだけ寝かせてたんだ!
ピントずれてたり結構微妙だったけど、撮り直しは出来ないし(^◇^;)

全景(?)のもあったんだけど、かなりピントがずれてたのでパス。
その写真で確認した限りでは、弓の長さ自体は同じくらいのよう。
先のほうの、毛の部分の始まる位置(?)が違うのは確認。
*左がうちの・右がレンタル

yumisaki.jpg

弓に関して、某ヴァイオリン・マイスターのページに
「黒檀部分が丸いのは中級以上の弓に多い」
って書いてあったのですが、レンタルのは角張ってて、うちのは丸い。
・・・ちょっと、うちののが上等の気分♪
*左がうちの・右がレンタル

yumineji.jpg

金属部分の材質は、
「銀は装飾付きの場合がある」
ということだったので、銀かな?
中途半端な知識で判断しちゃいけないんでしょうけども、
「うちの、良い物だったらいいなあ♪」
と、つい気になってしまうのでした。
*上がレンタル・下がうちの

yumimoto.jpg

銀の部分に装飾が入ってるのがお気に入り♪

いちお、弓は楽器を決めてから、その楽器で試奏して決めました。
といっても、半年目くらいでは、大してわかんなかったです(^◇^;)
ただ、なんとなくこれパス、って外してっただけ、かも。
でも、自分で選んだ!って思うと余計に可愛いもんです♪
あ、いちおベテランな店主さまにも弾いていただいてます。
さすがに、私だけの判断で買うなんて、そんな怖いことは出来ませんでした。
お値段は、、、ヒミツ。
でも、初心者が持つにしては、お高い目。
(楽器本体よりも、微妙に高かった)
・・・そもそも、楽器本体が高級品じゃないのですが(笑)

オフ会の時には、他の方の弓も弾かせていただけると嬉しいなあ♪

ついでなんで、2台のヴァイオリンを並べたところもアップ。
*左がうちの・右がレンタル

2violin.jpg

アゴあての形も違うの、よく分かるですね。
それにしても、いいですね、2台のヴァイオリン。
・・・オフ会の時、せっかくだから「いっぱいのヴァイオリン」並べてみたいなあ♪

オブリガート♪

替えたい~、でもね~、と迷い続けてた弦。
「1本切れたら思い切って全部替えるのに~」
なんて思ってたけど、そんな簡単に切れるもんでもなく。
(チューニング、あまり狂わないからちょっとしか触らないし)
7ヶ月越えてるし、オフ会直前に替えるのは良くなさそうだし、替えとく?

そんな訳で(色々と言い訳しつつ)先週の土曜日に替えちゃいました!
6月に、楽器チェックのついでに買っておいたオブリガート。
・・・逆か、弦を買うのを口実に楽器のチェックをしてもらった、かな?
(何もない時に楽器チェックだけは、行きにくいので。。。)

ちゃいむさん、フルフルさんのとこでも弦交換の話があったので、
参考にページ開きながらさせてもらいました!ありがとうございます♪
そこて気付いた事実。

・・・オブリガートのE線って金色だったんだ!!!

買ってきて封も開けずに置いたままだったんだけど、思わず開けて確認!
うわあ、ほんとだ、金線だ♪
弦を替えるってのは、慣れてる人にとっては、グリンって外してキュキュキュっと張るだけなんでしょうけど。
慣れない人間にとっては、とっっっってもオオゴトなのです。
でも、これでかなりテンションが上がりました!!

音の変化もチェック!
単純比較なら開放弦だけ録っておいたほうが良いかな?
ってことで、いちお録っておきました。
でもこれ、ドミナントとオブリガートの比較には、ならないよね。
(比較するなら新しい弦でなきゃ不公平だし)
古い弦と新しい弦、これも種類が違うから比較にならないよね。
前回、変えてすぐの頃の音との比較?
いちおちょっとは上手くなってるつもりなんで、不公平よね。
(1年未満と1年半の違いはあるはず。無かったら悲しすぎるもんね)

結局、何のチェックにもならない!?
・・・まあいっか(いつものパターン)。

そんなこんなでウロウロしつつ、交換!
左右交互がいいのね~ってことで、GADEの順番にしてみました。

とりあえず、替える前のお写真。ドミナント、結構地味よね。
gen1.jpg

G線。
ペグの穴に端を通してグリグリ、ボール部分をテールピースの穴に・・・。
・・・と、通らない。途中で引っかかる!押し込むのも無理~!!
細い部分で通して引っ張ったら、ボールまで5mmくらい残して停止。
ペグを巻いても動かない~・・・うん、仕方ないから放っておこう。
「そのうち引っ張られて収まるよね、きっと!」
などと、神経質になってた割りに適当。

チューニング。
巻きすぎて切ったら怖いので、弦を指で弾いてチューナーで音を確認。
小心者なので、かなりチマチマと巻いていく。
どう聞いてもまだ余裕だろ、ってとこでもチマチマ・ポロン。
(この小心さのおかげで、弦を切ったことが無いのかも?)

大体合わせて次、A線。
スクロールが邪魔でペグの穴に通しにくい(でも、なんとか)。。。
こっちはボールのとこは、素直に通りました。
チューニング・・・G線の音が既にボロボロ(笑)
(相変わらず、5mm残ったままなのに)
いちお、GとAとを大体合わせる。

D線。まあ、なんとか。。。
でもモタモタと、一旦巻きかけて戻したり、時間はかかります。
そして、チューニングはやっぱりGA共に既にボロボロ。
GDA、大体合わせる。

E線。さすがに細いなあ。そして金色♪
うあい、金色~♪♪
って浮かれながらペグの穴に通す。
・・・A線、邪魔。通しにくい~!!
どっちから通す?って思いながら適当に突っ込んで、適当に巻く。
ボールはアジャスターに引っかけて。
(いちお、アジャスターは弛めておく)
でもって、チューニング。
やっぱり、笑いたくなるくらいに他の弦もボロボロ~。
なので、全部チューニングしなおし!
どこかを合わせても、別のとこが違ってくるのですね(笑)
駒の傾きチェック、これは大丈夫・・・だと思う。
で、気付いたらG線の5mmは埋まってた。
やっぱり引っ張られて、収まってくれたのですね♪

替えた後。ちょっと派手になった、かな?でもやっぱり地味目?

gen2.jpg

それにしても、こんなに笑いたくなるくらいに狂うもんだったんですね~。
ここんとこ、すっごい安定してたから。
(・・・7ヶ月もすりゃ伸びきってる?)
でも、ここで笑ってられる分だけ成長した気分。
前にチューニングが狂いまくってた時みたいに、
「泣きそうだけど、泣いても仕方ないから笑っておこう!!」
って悲壮感が漂ってるんじゃなくて、ほんとに笑っちゃうの。

弦を替えた翌日も、やっぱり狂いまくってました。
ケースから出して、ポロポロと指で弾いてみたらもうボロボロ。
大体合わせてから弾いてたけど、弾いてる間にも狂ってくるのですね。
開放弦で思った音と違うのが出て
「ありゃ!?」
って何回途中で合わせたか。
これは、確かに本番前に替えるわけにいかないですね~。

3日目もやっぱり違うんだけど、随分マシ。
ちょっとだけ落ち着いてきたかな?

4日目になると、かなり落ち着いて、微調整だけで良くなりました。
うん、少なくとも3日、4日もすればかなり大丈夫なもんなんですね!
本番1週間切ってから替えるのはナシってことで。
・・・本番って存在がほとんど無い、という事実は無視?

肝心の音については。
(これが変わらなかったら、切れたわけでもない弦を替えた意味が、、、)
なんとなく、響きが良くなった気分。
相変わらず、私が出す音だから汚いんだけど、ね(笑)
ゆっくり弾いたときの音が大きくなった?
なんか、響いてる感じ?
このあたり、なんといっても私なんで、たいした評価が出来ません。
(もったいない・・・)
が、気分だけでも良くなった気がするから、いいことにしておくのでした♪

でも、なんか弓が滑る率は高くなっちゃいました。
特にE線開放弦、普通に弾いたつもりが、カリッて滑って擦った音がしたり。
(それなりに)気分良く弾いてたのに、出したつもりの音が抜けるの。
ちょっと悲しいです。
うーむ。新品の弦って滑りやすい??
って、そもそもは私の弾き方が悪いんだろうけど。

このあたりも、もうちょっと慣れたらうまくいくかしら。
でも、結局何をやっても(弦を替えても)
「出てくるのは自分の音!」
なのよね~。

がんばって練習しなきゃ、ね♪

自分の楽器の確認♪

そういえばレッスンの時、
「自分の楽器、写真でも撮っておいた方が良いですよ~」
って先生が言われてたのを思い出した。どうも、
「修理(か何か)で楽器屋さんに預けて、返ってきたら違うのだった!」
って方がいらっしゃったそうです。
「そんなことするお店じゃないと思うんだけど」
ってことでしたが、誤解なのか、間違いなのか、元が分からないから不明なのだそうです。
お店にしたら、数十万の楽器で何かして、信用を落とすほうが問題だろうし。
でも、自分の楽器を間違う、とも思えないですし。
うーん。なんか気分の悪い話ですね。

そんな訳で、一応中のラベルのところの写真を撮っておくか、せめて書いてあることを控えておいた方が後で見て誰もが分かるから良いですよ、と。
「実は、買った時に嬉しがって写真撮りました~」
なんて言ったんだけど、他の人はそんなことしてないみたい。
(ついでに、まだ当時家に居たレンタルくんと2台並べて撮ったりもしたですよ!)
自分の楽器の写真撮るって、普通あんまりしないのかな?
でも、身の回りのブログ書いてる人たちは撮ってる人が多いですよね?

今度のアンサンブルの時も人がいっぱいになるだろうし、自分のが分かるようにしておかないと、ですね。
悪意じゃなくても、うっかり何かで紛れることも考えられるし。
そんな時に、他の人に
「絶対これは私のです♪」
って言えるように。

・・・やっぱりここは、指板にクマさんシール?

渦巻きの下のとこに造花だったか何かを巻いて弾いてた人は、居たそうです。
(でも渦巻きの下・・・幅広の真っ赤なリボンなんて可愛いかも♪)

まあ、同じお店で良く出る価格帯のを買われてると、紛れそうですけど、
(ヤマハ教室、JEUGIAさんで買われてる人が多そうですし)
私と同じのを持ってる方って、あまりいらっしゃらないとは思うのですが。
・・・むしろ、いらっしゃったら、お会いしてみたいです♪

プロフィール

KOTOKA

Author:KOTOKA

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。