06
1
3
4
5
6
9
12
18
19
21
23
24
25
26
28
29
   

♪アンサンブルご案内♪


次回開催日は未定です。

また決まりましたらお知らせしますので、よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァイオリン教室 6回目♪

前回お休みだった人のこと。
「忘れてたんです。10時頃にバス乗ってて気付いたんです」
・・・大ものです。
「寂しかったですよね~」と言いつつ
「前回すっごい進んだんですよ~」と脅す(?)先生。
好きだなあ、このノリ。

いきなりA線E線の音階から。
テキストの音階のページ上から順番に。
1stと2nd、2人ずつに分けて。
4分音符4つのところを2分音符2つにして、響きを確認しましょう。
・・・正直、汚いですねえ。あははは。
途中で「歌ってみましょう」ってことで。
このへん、音程合わせると声が出にくい苦手音域なんですよう。裏声でも地声でも出にくいの。。。
「ヴァイオリンやってる人って歌ったら声が小さいって言われてたけど、ほんとですね~。もうちょっと大きく出してみましょうね」
・・・ここで素晴らしい声で歌い上げるタイプの人って、ヴァイオリンのグループレッスンに来るタイプと違う気がするのですが、、、一応出してるだけでまだマシと思ってもらえんでしょうか。だめ?

重音。
A線とE線を同時に。A線だけ音階。
「A線の1を押さえた時にE線に触れていると、キンッてなります」
A線だけを押さえるようにがんばります~。
D線A線で。D線音階。
4分8分8分(レーミミファ#ーソソ)など、変化を付けて。
「音が出ない(割れたり・・・)場合、少し強めに弾きましょう」
どっちかだけ強くなってしまったり、音がブツブツ切れたり。かなり怪しげ。

スラー。
「サンバを0123でやるのと、先に進んでスラーするのとどっちが良いですか?」
生徒の希望を聞いてもらえるのですか?私はスラーが良いのですが♪
「スラーやってみましょう。そんな難しくないですし」
A線の開放弦を弾きながら、2拍ずつ入れる。
「弾きながらゼロゼロゼロゼロって言ってみて下さい」
ダウン「ゼロゼロ」アップ「ゼロゼロ」ダウン「ゼロゼロ」・・・繰り返し。
「今度はゼロイチって言ってみて下さい」
ダウン「ゼロイチ」アップ「ゼロイチ」・・・
「イチの時に左手を1の指にして下さい」
ということで、「ゼロイチゼロイチ・・・」って弾き続け。
同じく、12や13、02など。
そして、0123の繰り返し。01と23をスラーで。
あまり滑らかではないです。「なんとか無理矢理1回で2音弾いてます!!!」ってのがはっきり分かります。
指を押さえる時にフニャって迷いのある押さえ方をしてるのが、音を続けるとよく分かります。

春のプレリュード(AEのみの曲)
開放弦でやった後は1、2、3の指を押さえて。
「最後の全音符は脇を締めるんじゃなくて、浮かすように。きれいに終わりましょう」
・・・すみません、つぶれてしまいます。。。
どうも弓先から押す時に、途中でギシギシザラザラになってしまうのです。
1音だけ出してみるとまだマシなんだけども、1小節前から入るともうダメ。
うーん。この1週間の課題に入れます・・・。

途中で再三言われたこと。
「弓は大きく使いましょうね」
やっぱり時々気付くとチマチマッとしてしまってます。

あと、これまた途中で言われたこと。
「今度、私のほうを見て下さいね!みなさん、楽器にらんで顔が強ばってますんで、笑顔でいきましょう~」確かにすっごい顔してた気がする・・・。別に怒ってる訳でも、面白くない訳でも無いんですよ?ただ、真面目にやってて理想とのギャップに顔をしかめてしまうというか、あまりの汚さに「うううう・・・」って気持ちが外に出てしまうというか。
でも、確かに笑顔で楽しく!のほうが音も良くなりそうですんで、ちょっと睨み付けないように気をつけよう♪

重音でチューニング、って話しの時に。
「2つ鳴らして、合ってるかどうかの判断が出来ないんです~」
ってことを言ってみたのです。
「5度の音ね、慣れないとわかりにくいですよね」ってのはともかく。
「天気悪かったり、鼻が詰まってたり、風邪ひいてたり、(その他色々・・・)すると、私も聞き取りにくいですし~」
そんな分かりにくいもんだから、すぐに分かるようにならなくても焦らなくていいよ、ってことなんでしょう、きっと。今後ちょっとずつ慣れていきましょうってことで。

最後に先生が言っていたこと。
「ヴァイオリンって1音出そうと思ったら2音出て、2音出そうと思ったら1音になるんよね~」
はい、まさにその通りです~。さすがによくわかっていらっしゃいますわ。
思い通りの音が出せるように、それが課題ですね!
重音弾いた後って、単音のつもりで意図せず重音になっちゃう時があるし。

ところで。音程合わせるのって、自分の感覚で「もうちょっと高めかな?」とかって、開放弦と比べて適当に音を取ってるのですね。
で、レッスン中に「音取れてますか?」って電子ピアノ叩かれると分かりにくいのです、実は。なんとなく響きが違うから、カンッって叩いた音が自分の伸ばしてる音と同じか違うか、分からないのです・・・。
まだエレクトーンみたいにダーーっと伸ばしててくれたら分かるかもしれないのですが、どうなんでしょう。やってみてないから不明。
そもそも「なんとなくこのへん」って音程が合ってるかどうか怪しいし(なんて言い出すとなんにも出来なくなっちゃいますね)。
オルガン、電子オルガン、合唱団、吹奏楽部でサックス、その他でも曲を聴いたりしてるから、結局はこのあたりの総合で音程取ってるんでしょうし、大幅に狂ってることは無いと思うんですけども。
で、結局はピアノに合わせる気は全く無しだったりして。
・・・だって、わかんないんだもん。
おかしかったら指摘してくれるでしょうし、ってことで知らないふり!


スポンサーサイト

プロフィール

KOTOKA

Author:KOTOKA

最新記事

最新コメント

カレンダー

05 | 2006/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。