07
2
3
4
5
6
8
10
11
12
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
28
   

♪アンサンブルご案内♪


次回開催日は未定です。

また決まりましたらお知らせしますので、よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教室アンサンブル第2回♪

教室のあるビルの手前で、前回お知り合いになったSさん発見!
いっしょに受付でお金払って、レッスン室へ。
「今日、ちょっと遅めだから前の列は無理かな」
Sさん、とっても前向き♪(みんな、後ろに行きたがるから多分大丈夫!)
そしてやはり前の列は端っこ以外空いてる。
ってことで、またしても前の真ん中を2人で陣取る。
チューニングしてほしい人、って言われてたけど、大体大丈夫っぽかったのでパス!
・・・後ろの席の方の楽器を返すときに、突然先生、
「クッキ○グの時、私チューニングしましたよね!?」
よ、よく覚えておられるなあ。
(ってことは、前列に引きずり出したtakeさんのことも覚えておられる?)
出欠を取られたら、お休みの方が4~5人いらっしゃるよう。
それでも参加者は、ヴァイオリン14名、チェロ5名。
・・・と思ったら、お一人は先生!
思ったより人数が多いから、チェロの先生も来られることになったのかな?
このT先生が、すらっとしたおとなしそうな先生、かと思ったら。
・・・結構、サッパリサックリ、うちの先生と同じ空気を感じた。

ニ長調音階、2分、4分×2、8分16分16分、16分16分8分。
16分の時、弓の先と元とで音色が変わらないように。
弓先の時、もうちょっと圧をかける。
半分に分けて、8分16分16分組と16分16分8分組で。
先生の所には、16分×4で聞こえるように。

『ジッパ・ディー・ドゥー・ダー』
何小節目か書いておくのをすっかり忘れてて、始まる前に慌てて記入した。
一応、Aが何小節目、と言われたのと合ってて良かった(ずれてたら悲しい!)。
まずは音源を聞く・・・うん、早い!!
そして、いきなりDまで通してみる。port.(ポルタメント)は無視!
Dってもう残りラスト3段だから、3/4くらいまで通しちゃうのですね。
これくらいの速さ、と電子ピアノのメトロノームを入れようとされたんだけど、
うまく入らないようなので、先生の手拍子で・・・かなりゆっくり。
(最初、2分の2拍子だから・・・と1小節2つにされかけたのだけども。
テンポが遅すぎて分かりにくそうだからか、結局は4つ叩きます、と)
その後、Dからも弾いてみる。

注意点。

☆ 突っ込まない。
  特に8分の前後、動く音の後などに早くなってしまう。
☆ チェロの音を聞く。
  合いの手が入ってるところなど、聞くと突っ込みにくくなる。
☆ ゆったりの部分は、弓を使って大きく。
☆ dim.の後、最初のメロディに戻る部分は弾き直すつもりで。
  もっとdim.をかけて、次の入りはfできっちりと。
☆ 転調してから、最初のファの音程に気を付ける。
  その前まで#が付いてたので、音程が怪しくなる。
  (次に出てきたところは大丈夫なんだけど)
☆ チェロのソロ部分は、もっと出す。
  情熱的に、気合い入れる、音を前に飛ばす(先生にぶつけるつもりで!)
  などなど、とにかくもっと!
☆ ヴァイオリン・チェロ、ユニゾンの部分はmp
☆ ハーモニクスのミは、思ってるより響いてるので、そんなもんで良い。
  (と言ってたら小さすぎたりするので、普通に出しましょう)
☆ ラストのシード♪はもっと出す。
  格好つけて弓先から元まで、胸の前まで弓をグリンと持ってきて終わる。
  ・・・音程が、ちょっと自信なくて(^◇^;)
  もともとport.で4の指なんだけど、無視なんで3-4で弾いてるのです。
  ってことで、ポジション移動してるんだけども、音に自信が無い。
  もう開き直って、外しててもガッツリ弾くことにした!
  (やっぱり思い切れなくて、ちょっと恐る恐るだったり外したりしたけど)
☆ チェロの最後のドは、思い切って。
  ヴァイオリンのシード♪を受け取って最後にド♪って入れる。
  チェロT先生は「ヴァイオリンに渡す、受け取る」というのをよく言われる。
  アンサンブルっぽくていいですね(*^_^*)
☆ 弓を揃える。
  アップ・ダウンだけでなく、どの辺りを使うか。
  ダウン続きなんかの時に、戻すのか続きで弾くのか。
  余裕が出来たら、前の鏡で周りの人の弓を確認する。
  ・・・なんか、オケっぽいですね♪

最初の数小節だけ、途中まで、など切りながら練習。
「私、早くなってますよね?!」
先生、テンションが上がって、早くなっていってます。
ま、まあ、いつものことですし♪

音源に合わせる。
「すごいですね、2回目で音源に合わせられるなんて!」
先生、よっぽど不安だったのですね(笑)
テンポ72で・・・終わったら74??
(伴奏くん、テンポも表示されるので分かる)
と思ったら、弾きにくそうだからって、途中で上げたのだそうで。
もう1回、ちょっとテンポ上げて(76)通して、ラストだけ練習。
やはり、格好良く終われてない!ってことで・・・。
「ちょっと時間過ぎちゃってもいいですか?」
で、最後に84で通す。
鏡を見ましょう!ってことで、再度ラストだけ。
ちゃんと格好良く終われてるか鏡で確認!

次回、もっとクレッシェンドなどを付けられるように!
強弱、付けようとはしてるんだけど、まだまだイマイチ(^◇^;)
・・・がんばろう♪

続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

KOTOKA

Author:KOTOKA

最新記事

最新コメント

カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。