10
3
4
5
6
8
9
11
12
14
15
18
20
21
22
23
27
28
29
30
   

♪アンサンブルご案内♪


次回開催日は未定です。

また決まりましたらお知らせしますので、よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教室アンサンブル5回目♪

今回も、駅で電車待ってるSさん発見!いっしょに教室へ。
受付でお支払い・・・名乗ろうと思ったら、
「KOTOKAさんですね」
おおお、すごい!!有名人!?(チガウ)
実は、危険人物ってカウンターの裏に写真が貼ってあったりして~、
などと言ってたけど、Sさんのことも分かっておられたし。
・・・覚えておられる?受付さん、偉いです♪
そして、その場で発表会どうするのか聞かれる。
「レッスンのグループと、アンサンブルクラスと、両方と」
レッスンのほうは出る気なさそうだし、アンサンブルは、出ようかと思います♪
それでは~、と申込書を渡されて記入!
『ボレロ』は、やはり(?)無くなったらしく、『威風堂々』に。
・・・・・・・申し込んじゃったよ!
Sさんは、パスするらしい。せっかくじゃないの、出ようよ~!!

「今日はお休みの方が多いです」
と言われたように、ヴァイオリン7名チェロ3名(+先生)。
前回、座る場所は変えるように言われてたので、後ろに座る。
・・・結局、人数少ないから前に出て、と言われて前列に(笑)

ト長調スケール。2分、4分、8分などの後、チェロは8分×4、前列4分8分8分、後列8分8分4分と分かれて。

『ジッパ・ディー・ドゥー・ダー』

・・・え?ってチェロさんから動揺が。
もうすっかり『威風堂々』モード、それしか考えてなかったらしい。
「いきなりパート分けるのは・・・止めたほうがよいですよね」
ってことで、バヨ全員1stで、伴奏くんに合わせて。
指示してあるのよりは遅いけど、割と早め。

注意点。
チェロだけ動いてるようなところは特に、チェロを聞く。
4分で下がってくるところ、早くならない。
(早く弾かないと!って滑ってる)
転調後の最初のファの音、もう少し低めに取る。
(#が付かないの、間違ってるように聞こえる)

全員で2nd。
・・・スミマセン練習してないので、途中が怪しいです(^◇^;)
あと、実は弓が怪しい、、、(ダメダメじゃないの!)

注意点。
チェロといっしょのとこは、チェロと合わせる。
8分で動くところは、軽く。

1stと2nd分かれる。前列が1st、後列が2nd。
ここで、パートリーダーを決めましょう!と。
アンサンブルで、合図を出す方法をチェック。
前の拍にちょっと楽器を下げて上げる!
(この時、弓は弾く音のところに置いておくこと!)
リーダーって言っても、とりあえず今日のところだけで、毎回変わる。
誰にするか、パートで決めてね!って言われて・・・。
な、なんでみんなで私を見るのよ(^◇^;)(一番端だからか!)
・・・んじゃあ、私します!(だって、今日だけでしょ?)
後ろの列は、前のレッスンのおばさまってことになったらしい。
(リーダー同士は近くのほうが・・・って、私の後ろに席を移動される)
実際には伴奏くんに合わせるから合図は必要無いのだけど、練習だけ。
ザクザクッと弾いて、1st・2nd交代、更にちょっと練習!

注意点。
1音目と2音目の間の休符、きっちりと取る。
転調した最初の音は、もっとハッキリと。

そんでは、好きなほうを弾いて下さい!1st弾きたい人!!
って聞かれて・・・梨本さん、上げてる!私も2nd苦手だから1st!
通して弾いて、とりあえず終了。
「発表会ではしないけど、これはレパートリーとして持っておきますね!」

『威風堂々』

これは、力いっぱい弾く!
特に、Bの最初のレの音。
「100のうちの10くらいはこの音に力込めて下さい!」
って言った後に、
「・・・全部で200くらい欲しいですけど」
とにかくガッツリと気合いを入れて入ること!
前奏、Bに入る前のチェロのソロは、ちょっとゆっくりになっていく。
そのあたりは、合わせるように。
Bに入ってから、16分で動く音は、強く・均等に。
アップとダウンで音色が変わらないように。
後ろのほうの音が抜けることのないように、全部しっかり弾く。
「ほんとは、スルゲー(sulG)、全部G線で弾くんで弾きにくいんです」
だからあんまり走らない、って・・・今、結構早いと思うのですが、、、
ギリギリで余裕ありません~。途中で気付かれたらしく、
「ちょっと早かったです?」
などと言われて、初めてやる部分からは、ちょっとテンポを落として。
楽譜、Cから18小節はとばして、替わりに2小節手書きで追加あり。
(1st、3ポジで無理!な高い音が出てるし)
・・・オクターブ下で弾くようになってるのですね!
ここから2ページ目に入ります、ということで、そこから練習。
D(Bと同じフレーズに戻る)手前の16分、音が取りにくい!!
とりあえず、スラーの頭の音だけ弾く(2音の後の音を無しで弾く)。
それで練習して、音程が取れるようになったら2音とも弾く。
Dの5小節目からの4分のスラーは切ってしまう。
(ラーソ-・シーラー・・・を、ラー・ソー・シー・ラー・・・に)
その後、掛け合いのようになってて、前奏と同じに・・・
!!!ずれてる!!!
いやあ、思いっきり、チェロとヴァイオリンとずれてました(笑)
ミ♭ミ♭ミ♭・の繰り返し、入りと回数がちょっと混乱。
その後、その手前から2~3回やってみたら、ちゃんと合った。
「大丈夫です、2/3は合ってますし!」
・・・いや、確率の問題では無いでしょう(^◇^;)
まあ、初回だけ間違って後は合ってるのだから良いということで!
Fの手前、前奏部分ではチェロのソロだった上がっていく音、全員で。
最初と同じく、少しずつゆっくりとなっていくのを合わせる。
Fから、1stは重音で、2ndはメロディ。
Gからの繰り返し部分は逆になって、1stがメロディ。
重音の部分は、アップとダウンで音量が変わらないように。
Hから、全員でメロディ(1stと2ndがオクターブ違い)。
弓を均等に使うこと!途中で早くならない!!
気合いを入れて、ガツッと弾く!
F~Gではスラーだったところが切れてる。
ってことで、1個ずつきっちり弾く!!!
かなり、ガッツリ弾いて気分良く疲れた♪
途中で音外したりガリッとかカスッとかなってたけども。
・・・とりあえずは、気にしない!!!!
(多分、今はそれよりも音を出す方が大事かな、と♪)

続きを読む

スポンサーサイト

プロフィール

KOTOKA

Author:KOTOKA

最新記事

最新コメント

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。