05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

♪アンサンブルご案内♪


次回開催日は未定です。

また決まりましたらお知らせしますので、よろしくお願いします♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教室アンサンブル23~31回目♪

とりあえずは、アンサンブルの2011年の残り分レッスン日記をまとめて。
・・・4月分から書いてなかったのね・・・。
回によって、メモの多いのと少ないのとあったりするし。
今さら何?って、書き直した方が良さそうなのもあるし。
(逆に一部修正しちゃって余計分からんよなのもあるし)
・・・もう、訳が分からんので、そのまんまざっくりと(^◇^;)
やっぱり長いんで、折りたたみ。




23回目(4/24)

『バッハの2番』
チェロ間違いが発覚したからもう1回の分。
楽しいんだけども、今度こそこれにて終了。

『ダッタン人の踊り』
メロディの部分は、気持ちよく弾ける♪
それ以外のところ、ひたすらララーラ・ララーラ♪みたいなリズムを刻む部分が多いんだけども。
このへん、1人で弾いてると飽きるんだけど、合わせてると気分イイ♪
この刻みは丁寧に・先弓気味で。

パーセルの『ロンド』
合わせるのが楽しい曲。
ダウン・ダウンの時、戻すときに弓を上げてしまわない(ぶつける音を入れない)。手元まで戻す。腕を上げない。
伸ばしの音はオルガンっぽく。
ビブラートは頭にかける(かける人は)。
繰り返し、一瞬忘れて次に突っ込みそうになる、、、

『Happy Birthday』
先生の誕生日が近いってことで。
普通のハッピーバースディ♪と、バリエーションと。
・・・バリエーションの分、ダダ暗!!!
笑えてくるくらいに短調(笑)

『ミサ・ブレービス』より『KYRIE』
うん、合唱団でやったのとは全く違う感じのやつね。
譜面としては、そんなに難しくないんだけど、合わないと美しくない・・・。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

24回目(5/8)

連休を挟んですぐ、前回のレッスンから近い。
そんなところなので、前回からのの続きものが多い。

その他、『ミサ・ブレービス』より『SANCTUS』の楽譜ももらった。

『Tango』
アルベニスのタンゴ。
うーん、タンゴか~、いまいち好きな系統じゃないな~と思ってたけど。
なんか、明るくて良い感じ♪
♭が3つの変ホ長調、更に途中、いまいちナチュラル・シャープが分かりにくいとこが。
・・・弾いてるうちに、気分で音を取るようになったけど!

このへん、いまいちメモが残ってないし記憶の彼方だし、ほとんど書けない!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

25回目(6/19)

パーセルの『ロンド』
・・・いきなりガチャガチャっとしたのを通すのですね!
やっぱり、初っぱなはガチャガチャしててまとまってない感じ。
部分練習して、他のパートを聞いて。
じゃあ通しましょう!ってしたのは、なかなか良い感じ?
確かに上手くなった感じがします♪

『A Deserted Farm』
ちょびっと個人で弾いてみたけど、よー分からんかった曲。
合わせてみると・・・あ。予想外に良いかも♪
こういう“一人で弾いてもつまんないけど合わせると良い”というのはアンサンブルの醍醐味ですね♪
・・・やっぱり音は取りにくいけど、他のパートとの和音でまだ分かる感じ!
ダダ暗いんだけど途中でちょっと希望が見えて、でもやっぱり最後は暗い。うん、なんかいい!

『Tango』
これ、うまく噛み合うと楽しいな♪

『ミサ・ブレービス』より『KYRIE』『SANCTUS』
ザクッと通して。
やっぱり1人で弾いてると「ふ~ん」な感じだけど、合わせるといいですね♪
音の動きとしては難しくないんで、あとは雰囲気を出せると良いなあ。

『GLORIA』の楽譜ももらったんで、次回はこれかな?

レッスン後は、宴会!いちお、幹事なのでお店の予約したり出欠取ったり、ちょっとはがんばった・・・相変わらずギリギリにバタバタ手配したんだけども。
イベント好きなんで「やろう!」って言うくせに、メンドクサガリだから前もって動けないのよね~。まあ、どうにかなってるからいいっか。
(そして、毎回同じことを繰り返す・・・)
先生含めて15名。出席率いい♪

コッソリとブログ書いてるのがGさんにバレちゃったんだけども、それをバラそうとされてて!他の人はまだしも、先生に言うのは無しでしょ~!!(相当めちゃくちゃ書いてるし!!・・・ってそれが問題なんか)
強引に他の話題に持って行って、先生を引き離したけども!
まあ、危険な事はあったけども・・・楽しかった♪
相変わらず『ユカイな仲間たち』です☆

そして、ここでコンマス氏が「アイネク弾きたい!」って力説されて、じゃあ弾こうよ!って話になって、お遊びアイネクの会を開くことになって・・・これ、更に怪しい話になっていくのは、また別の話。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

26回目(7/24)

チェロが2人と、ヴァイオリン12人?13人?
Tさん夫妻&Mさんがお休みってことで、チェロ少なめ。
新人さんが2人♪(もともと同じレッスン仲間だとか)

パーセルの『ロンド』
前回、「終わる?もう1回したい?」ってことで、もう1回することになったんだけど・・・初見でいきなりこれ渡された新人さん、大変です(^◇^;)
「もうちょっと早くしていい?」
って、、、ええと、かなり厳しいですよ?

強弱もうちょっとつける。頭を揃える。
やっぱり、レッスン最初にワタワタと弾いたのと、先生の指導が入った後ではえらい違うなあ♪

『A Deserted Farm』
だだっ暗いの、やっぱり合わせると良い感じです♪

レッスン後、先生に言われた。
「アイネク弾いたんですって?」
はいです、お遊び弾きの会をしましたよ♪
「2ndが、版によって違うとこあるんですよね!」
って、お直しが入る。
裏拍で入るようになってるけど、前半と揃えて頭に入るように。
勝手なお遊び分にまでフォロー、ありがとうございます・・・って思ってたら。
「発表会、アイネクしたいです?」
・・・はい??
「いや、、、それはいくらなんでも危険でしょう(^◇^;)」
って話になりかけてたのに、
「いいですね~、やりたいですね」
・・・Gさん、煽ってるし!
とりあえず、次回弾いてみて、突っ切れそうな状態かをチェックしてから!ってことになった。
新人Mさんがコッソリ言われた。
「1年以上、って書いてありましたよね・・・」
あ、あはは(^◇^;)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

27回目(8/21)

ヴァイオリン14名、チェロ4名。見学が1名。
人が増えるのは嬉しいけど、そろそろお部屋的にきついかなあ。
(もうちょっとはいけるかな?広いお部屋が欲しい・・・)

そしていきなりアイネク。
アイネク・・・『アイネ・クライネ・ナハトムジーク』第一楽章。
「なんちゃって、でいいから弾いてみたいね♪」
だったはずが、いつの間に発表会で弾く?って・・・無謀(^◇^;)

最初の3重音は、「弾き出しで緊張してガリッてなるとまずいんで」基本、前列が上2音、後列が下2音をきっちり出すようにする。

弓使いがバラバラだったんで、修正!・・・ひ、弾きにくい(^◇^;)
頭は、スラーが付いてるけど無しで弓を返してダウン・アップ。
アップの時にはダウンで弾いたそのままの位置(先)じゃなくて、元のほうに持ってくる(間が詰まらないように!ちょっと待つくらい)。
8分8分のスタッカートなとこは基本アップ・アップ。
その他、印刷でスラーになってるけど弓を返してね!な部分もあったり。
結構細かく修正が入ってる・・・そして弾いてる途中で混乱(T_T)
上のド、ポジ移動してるならいいんだけど、しないで4を伸ばして弾いてる場合、気合いが入りすぎて音がきつくなるので注意(ラのほうが強め)。
レーミー♪の前で一旦落ち着く。
そこは前回アップで入る(スラー)って言われてたんだけども、切ってダウン・アップに変更。
8分刻みで駆け上がる部分、pに落としてからクレッシェンドでfに。
2ndの刻みが大事!ってことで、チェロと合わせる練習。
「この刻みは大事ですよ~!1stは勝手に弾いてもらったらいいし!」
勝手に弾けって言われた(笑)
(1stは個人で練習してね、2ndは合わせる練習しないと、ってことで)
1stのトリルの入る部分、ちょっと長めに弾くと合いやすい。

繰り返し記号の直前、遅くならない。
むしろ、速くなるくらいで。右向きの→を書いておく!
その前で落ち着いてテンポ落ちたとしても、最後の3音は前に向かう。
1st、トリルに気を取られて(調子に乗って)走らない。
レミファソラシシドド♯レー♪にスラーが付いてるんだけど、無理。
弓が足りん!・・・と思ったら、途中で返して良いって。良かった♪

弓使いに迷うと、そのまんま訳が分からんようになって落ちる。
前列のお上手な方たちをチラ見したら、違ってたりして余計に混乱したり。
ううう、前途多難。

お試しで弾いてみよう!って割には、細かい指摘をされてる。
結局、まるまる『アイネク』オンリーぶっ通しレッスン。
他の曲はナシ?ええと、このまま発表会向きに『アイネク』三昧?
(・・・そもそも、発表会のご案内がまだ無いって話も)

「じゃあ、発表会は『アイネク』しましょう!で、もう1個、簡単な曲を」
え、ええと、やはり決定になるのですか(^◇^;)
そして、更にもう1曲するつもりですか(^◇^;)
誰かが2楽章もきれいだったよね、って言い出されたけど、
「バシッと終わって拍手もらいたいですよね!」
って先生。つまり、アイネク1楽章のが後にするのですね。
・・・拍手がもらえる演奏できないと、痛いですね!!
そこでYさんがコッソリと、
「でもアイネクって普通のテンポで弾いても7分以上あるのに」
それ、繰り返した場合よね?繰り返し無しだったら半分よね?
「え、繰り返し無し?」
って・・・繰り返したい??私、やだよ(^-^;)
結局、どうなるのかは先生次第。
9月はコンマス氏がお休みらしい・・・危険!?
(あ、でも他にもお上手な方はいらっしゃるんで、なんとかなる?)

前回から来られてる方が、
「“経験1年以上”ってなってたからお気軽に来たら、えらいことになりました」
って、自分とこの先生に報告したらしい・・・先生、笑ってたらしいけど。
「先生、誰でした?ああ、○○先生も、結構適当ですもんね!」
こちらも、おおらか系の先生なんか。そして、“も”って!
「あ、私は適当じゃないすよ~」
心のツッコミが聞こえたのか!・・・適当というか。笑ってやっちゃえー!って感じで思い切りがいいというのか・・・いっつもテンション高いし!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

28回目(9/11)

ヴァイオリン13名・チェロ4名、だったか?
コンマス氏は予告欠席!ってことで、Sさんが本日のコンミス。
本日もアイネク三昧、かと思ったら、もう1曲するのを配られた。
・・・ええと、アイネクだけで結構時間取ると思うのですが(繰り返し無しストレートじゃなくて、前半繰り返し有りというウワサなのに)・・・もう1曲、するんですね?
「え?でも直前に配るよりいいですよね?」
そういう問題ですか(^◇^;)
(前の発表会、いきなり直前レッスンで付け加えられたっけ、そういやあ)
そんでもって『展覧会の絵』プロムナードです。
またこのメジャーどころを持ってきましたね?
正直、あんまり好きじゃないな~なんてYさんとお話ししてると、いきなり先生が、
「1st後ろ4人でジャンケンして下さい!」
・・・なんで??
「いいから♪」
いや、なんとなく想像つくけど。前列、1つ席が空いてますよね?
で・・・負けた。やっぱり、前に来いって(^^;)

とりあえず、最初のほうだけ『展覧会の絵』を弾いてみる。
♭が2個で、変ロ長調。最初2小節、チェロのみ・・・変拍子、数えにく!なんとなく曲は分かるんだけど、うっかり1拍間違ったりしたらやだなあ、ってことで、
いち、に、さん、し、ご・いち、に、さん、し、ご、ろく!入る!
おおう、なんか雰囲気は出てる気がする♪

1st、2ポジから入る。上のファをE線で弾くときつくなるんで、A線で弾く。
後に、2ポジ嫌い~ってYさんに、
「1ポジ→3ポジでもいいですよ?」
・・・弾きにくそうですよ、そのほうが。
この先の♭が付く地帯がやだなあ。この辺からは、次回なのですね。
いちお、このあたりから1ポジでいいらしい。

そして、アイネク。真ん中まで通してみて、注意点。
頭の音、3つ弾こうとしない!前回、上2音組と下2音組と分けたとおりに。
無理するとガッツンとなっちゃうんで、やめましょうってことで。
うう、つい弾けるんじゃないかな~って弾いてしまうのがバレてるのね。
ブツッと切れるんじゃなくて、もっと響きを残さないとダメ。
2小節目の休符前の上のレは、きつくならない。
ドラレラドラレラド・ラッラッラッラー♪ の最後のラは、開放弦を使わない!!
・・・ダメですか(^◇^;)その前が3ポジなんで、つい隣の開放弦が弾きやすくて。
ここはD線の3ポジ・2の指で弾く!って指示。

2nd、刻みの音はもっと弓を使う。
音の強弱も2ndの刻みでがんばってもらうし、実は大変です(^^;)

「レ・ソファミレミレ♪のとこ、エコーで!」
・・・説明ヨロシクです(当然のように専門用語使われると困ります~。なんとなく分かるけど、誤解があるかもだし)。
つまり、1回目はfで2回目はpなのですね。
楽譜には1回目のとこにpって印刷されてるけど、これ無視でfですね。
次の同じフレーズは、pから入ってクレッシェンド。
1st、レ・ソファミレ・ミファミ・レのパターンの時、トリルで重くならない。
繰り返し記号の2小節手前、シーミレドシラ♪は、入りを揃える。
ただし、そのままいくと間延びするんで、1stはレドシラ速めのつもりで。

途中はなんとなく通して。
最後のほう、上のミはハーモニクスで。もっと弓を使ってハッキリ!次のレドシが少々出なくても2ndあたりが出てるから、とにかく頭のミを出す!
スラーだけど、ミー・レドシと分けて弾く感じのほうが良い。
これ、ダウン・ダウンなのが弾きにくい~、弓を返すの無し?って話が出て。
「同じパターンのとこ、全部変更するなら、それでいいですよ?」
・・・今さら変更、やだね。こっち、がんばろう(^◇^;)
最後2段、重音の前のラまではpで。次の重音でfにする。
重音、一番下のレは弾かないで上の2音だけ弾く。
下は2ndがあるからってことで・・・ほんと、2ndに頼りっぱなしだ!
アップで弾く重音、もうちょいきっちりと出す。
最後のソーソ・ソー♪の前の重音で弓を離してしまわない。
ガシャンと勢いよくいきたくなるけど、そうすると入れなくなるのですね。
最後のソは、ビブラート!開放弦のビブラートは~、って説明されてたけどよーわからんし、とりあえず上のほうの音だけでも気分かけるように努力しようっと。

ラスト、先生のビオラ入りで通す。・・・おおう!刻みの音、ものすごい勢い!!
これを求められてるのですね、2nd。よ、ヨロシクお願いします。

うーん、個人的には途中でふっとわかんなくなって弾けなくなったりするんだけど(練習不足&集中力不足)、全体としては、それっぽい感じになってるかも?
“なんとなく弾いてみました、最後まで通ったね!すごいね!”というのではなくて、演奏っぽくなってる気分。・・・まだまだなんだけども。

帰りに数人でお茶してた時。チェロY子さん、
「これ(発表会)聞いて、また入りたいって人が来るよね!」
・・・超・前向きです!!
でも、普通のレッスンのグループで出る場合、他のグループと寄せ集めで練習まともに出来ないまま舞台って場合も多いし。
(ってか、その状態で舞台に上げるのが、そもそも間違いだと思うけど)
それ考えたら、ちゃんとアンサンブルとしてのレッスンやってる分、うちの集団はいいんかもしんない。・・・上手い人も入ってるし。邪魔しないようにがんばろう(笑)

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

29回目(10/23)

8月→9月が近かった分、10月は遠かった・・・。
レッスン前日に突然チェロY子さんから、しばらくレッスンお休みのメールが!?発表会も無理っぽい(T_T)
(状況が良くなれば復帰したいとのことなので、そのへんに期待!)
そんな訳で、ヴァイオリン12人チェロ3人。
(梨本さん、お休み?11月12月って言われてた気がするんだけども)

『展覧会の絵』
とりあえず、通してみる。
いまいちよーわからんから、放置してほぼ練習してないんだけど(相変わらずダメダメな人)楽譜自体はそんな難しいもんじゃないから、まあ辿れる。
♭が付いた変な音階になるとこらへんは、気分で乗り切る!
(ほぼ間違ってないからいいや)
ソロパートに入る前の音は、全員長めに。
「音の入り、もっときっちり入って下さい!音程が取りにくいからって不安になってるでしょ?」
・・・バレバレ(苦笑)
あとは、弓を立てる・アップの時もきっちり音を出す・もっと弓を使う、など全体を通しての弾き方のチェック。
この曲、いまいち弾きたい気分にならなかったけど、合わせると響きが面白いのは良いかも♪

『アイネク』
今回は後半部分から。繰り返し記号の後のとこからスタート!
8分(ッソッソッソッソッソッなど)は、もうちょっと鋭く。
トリル重くならない。
全体にもっと強弱をはっきり。
最後の2段。レミファソラのラまではpで、次の重音レはfでガッツリと。
この音が、きれいに出ないのよね(T_T)と思ったら、結構みんなそう?
弓を置いてから弾く。ちゃんと頭から音が出るように!

いやもうほんとにスミマセンな気分です。ボロボロ異音を発してます。
一瞬落ちて、ワタワタと合流して・・・ちゃんと練習しろ~!
・・・って毎回思うんだけどね。
とりあえずは誤魔化しつつ(やっぱりダメダメ)、弾いていくんだけども。
苦手部分は決まってるですね、やっぱり。

通してみましょう!ってことで、先生ビオラも入ってアリナシ(前半は繰り返し有り、後半は繰り返し無し)で弾いてみる。
元々は前半も後半もどっちも繰り返し記号が付いてるんだけど、後半の繰り返しはパスにするらしい。
・・・うん、なんかせっかく盛り上がって終わった~!!気分なのに戻るのって、どうなんよ?って感じのとこよね、これ。
そして、どうにかこうにか通して・・・
「7分」
先生、コッソリ計ってたのですね。
それにしても、1曲で7分ってマズくないですか?もう1曲、やってる余裕は無いのでは?
「まあ、大丈夫でしょう♪最初の頃から比べたらテンポ上がってるし」
・・・本番は、もうちょいテンポアップする予定、なのか。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

30回目(11/20)

ヴァイオリン10人チェロ3人。だけど、1stが6人で2ndが4人。
・・・2ndの方が、がんばって下さった♪
やっぱり、パート分けって経験の長さだけでしちゃダメなんね。バランス良く上手い人が2ndにいらっしゃるから、演奏になるんね!って改めて思ったのでした。
(演奏になってる?ってツッコミは、また別)

『展覧会の絵』プロムナード
お隣のYさんに「実はこれ、全く弾いてない」ってコッソリ告白。
そしたらアッサリと「私も」って返事が返ってきた。
・・・ええんか、悪いんか(^◇^;)
久々に弾くと2ポジからって一瞬「この音、どれだ!」って迷う。
とりあえず1回やっちゃえば、次は大体いけるんだけども。
1回最後まで通してから、お直し。
入りで迷わないで、ちゃんと音を出す。
もっと弓を使って大きく。
動く音、アクセント気味に。
入りを合わせる。コンマスを見る!

後半、メロディが2ndに移ってから。
8分で動くとこ、重めに。
走りがちなんで、1stが止めてね!ってことらしい。

『アイネク』
とりあえず、アリナシで通す。
・・・うん、相変わらず初回の通しは下手っぴーになってる(^◇^;)
(だから当日の練習が必要なのよね!)

あんまり走ると後半が辛いよ~!ってことで、注意。
最後のほう、チェロが走り気味だけども。
「走っちゃったらヴァイオリンは乗っかって!」
いっしょに走れって(笑)

前回の発表会は、先生が1曲目は指揮・2曲目はビオラで参加だったのだけども。
今回は2曲とも先生ビオラ参加なので、要所はコンマスを確認して、みんなで合わせないとです。

このレッスン、(普段のレッスンと違って)いきなり曲に入るし、ほとんど雑談抜きのノンストップなので、なんかがんばった気分になれる♪
でも、先生が一番大変なんよね。立ちっぱなしで聞いてしゃべって。
途中でオオボケ発言が出たり(そしてそれにツッコミが入ったり)して、あんまり大変そうに見えないところがまたなんとも・・・。

発表会当日の朝&前週の昼から練習会を開くってことで。
今のとこ、無理って言われてないからほぼ参加かな?なかなか良い感じです♪
いやでも、前週はともかく当日練習は大事です。
多分、今年も公式にはリハ無し・ほぼチューニングのみだろうし。
レッスンでも、集まって1回目の通しって、ちょっとグダグダだし。
去年も当日朝の練習で、かなり助かった気がするし。
(朝の1回目の練習が本番だったら、痛かったねー、って話。それが実力ってならいいんだけど、もっと弾けてたのに!ってのはもったいない)

あと、忘年会か新年会か打ち上げかしよう!って話があったんだけども。
次回のレッスン後に忘年会しようってことになった。
(全部!って意見もあった(笑))
・・・が、先生がご近所百貨店で夕方に演奏するのだそう。
「終わってから合流します~!」
って言われたけど・・・いつも通り3時頃開始だと、ほぼ終わりですよ?
ってことで、みんなで押しかけて聴いてから宴会!に変更。
「えええ、でもポップスですよ?クラシック禁止って言われてるし・・・」
先生、ほんとポップスお好きじゃないですね。
(こっちがあんまり聴きたがらない、と思われてるのか?)
「『ジュ○ター』とかをポップスです!って押し切っちゃいましょう!」
なんて言ったら、それいいね!な感じだったんだけど、考えてみたら日程的にはクリスマス曲特集よね、悩まんでも。

3時開始って、普通の居酒屋が使えないから場所探しに悩むんだけど、この時間なら色々と開いてるよね!(お昼宴会可能な居酒屋を見つけてたんだけど、そこは次回以降にキープしとこうっと!)
ってことで一応、飲み放題付き(大事!!)パーティー個室確保♪
翌日がまた通院の日だってのは、シランフリ。
・・・前回みたいに“健康診断の前日!”よりはマシよね(^◇^;)
診察日を決める段階で、「多分前日に宴会入ります!」って言ったら先生は笑っておられたし・・・。

あ、そういえばレッスンも次回はクリスマス曲を持ってきて下さるらしい。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

31回目(12/18)

前回来られてない方にも、宴会参加される?って確認してみたけど、無理ってことで残念。
ヴァイオリン10名(1st6名・2nd5名)、チェロ2名、だったかな?
(Kさんが来られてたけど、体調不良で最初から見学だけで早退されたし)

曲は発表会の2曲。
指摘されるの、毎回大体同じなんよね・・・。
特に1回目に合わせた時って、みんなワタワタしてしまって、
「うわあああん、前回もうちょい弾けるようになったと思ったのに!!」
ってなる。
何回か弾いてると、それなりにマシになってくるんだけども。

『展覧会の絵』は、チェロの動きだけかなり違ってくるんで、落ちられ気味。
そして、落ちると戻りどころが分からんのよね、この曲(^◇^;)

レッスン終了後は“発表会用レンタルルーム”(出演者は2時間無料で部屋を借りられる)ってことで同じ部屋を取っておいたので、そのままお部屋に居座り!
そういやあ、クリスマス曲するって言われてませんでした?って話で、
「ああ!忘れてた!・・・今日やる『ホワイト・クリスマス』でもいいかな?」
先生がたの演奏される曲をもらった。
先生が去られてから、せっかくだからちょっと弾いてみようってことに。
・・・・・・・・・・・・・・・ページ間違ってる?
左1P右3P単独2Pになってます。またか!!
ペリペリペリって、誰かが楽譜を切ってる音がする。
うん、切って並べ替えるのが正しいよね。
パート分はいつもの1st2ndを逆にして、通してみる・・・うわ、分かりにく!
どっから1カッコで、どこに戻って・・・って繰り返しが、ものすごく分かりにくい。
とりあえず通してはみたものの、なんか微妙よね。
「・・・アイネクしましょっか」
おおう!真面目だ!ってことで、アイネク練習会に突入。
パート練習したり、チェロと合いにくいとこをチェックしたり。
「1st、トリルのとこで2ndと合わなくなってる?」
う。溜めてる・遅れてる、なのね。んじゃあ、トリル無しで合わせてみよう。
トリル分、2ndが合わせられる?お互い気をつけよう!
ここ、1回目はfよね、印刷はpになってるけど。
「え!?そうでした??」
エコーで、って先生が言われてました~。
などなど、時間待ちお遊び会でいいっかな?だったのが、なかなか充実した練習会になったのでした。

そしてご近所百貨店にバタバタ移動。
あんまり近くに居すぎるとやりにくいよね~、って、ちょびっと遠慮。
ヴァイオリン2本とキーボードだったんだけども・・・。
なんか、イベントで弾くには選曲が地味?
『情熱大陸』はいいとして、クリスマスだから『クリスマス・イブ』とか『ホワイト・クリスマス』も分かるけど。
その他、なんかイマイチ派手さが無かったんがもったいなかったなあ。
通りがかりの人をガツッと引き寄せないと~、なのにね。

演奏終了後、お片付けの済んだ先生を確保して、宴会に移動!
・・・うん、なかなか個室っぽくていい感じ♪
飲み放題だし(ここ大事)、食べ物もそこそこ出てたし♪
最後のデザートは、サービスでホールケーキにしてもらってたし♪
いっぱい騒いで楽しかったです(*^_^*)
・・・そして、また先生とYさんは連れだって・・・ま、まさかまだ飲みに行くのでしょっか!?
怖いから突っ込めなかったけど(笑)
Secre

プロフィール

KOTOKA

Author:KOTOKA

最新記事

最新コメント

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。